仏青連盟とは

HOME仏青連盟とは中央委員の声

中央委員の声

08.好きな広告

2011年3月31日(中央副委員長  多田 専宗)

まず、今回の東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた被災地、被災者の皆さんにお見舞い申しあげます。
一日でも早い復興を願っています。

今年で26歳、今期で3期目、2期連続で副委員長を務めさせていただいています。
龍谷大学大学院まで真宗の勉強をさせていただきましたが、現在はそのまま仏の道に進まず、毎日スーツを来てサラリーマンをさせていただいています。
(こんな勝手なことをさせてくれている両親、家族に感謝です。)
そこで今回は、私の好きなとある企業の広告コピーをご紹介させていただければと思います。

ひとりがすると1時間かかることを、
ふたりでやれば30分で終わる。

ひとりがすると1ヶ月かかることを、
30人でやれば1日で終わる。

人類が何千年かけても まだできないこと
みんなでやれば 1日で終わるかもしれない。
もう、平和なんて、1日あればできるはず。

今回の震災でも世界中から励ましの言葉や義援金、ボランティアなどが寄せられています。
世界中の誰もが、「平和な世界を望んでいること 」、「仲間の大切さ」、「人の温かさ」や、「一人ひとりがご縁や繋がりの中で生かされている事」を本当は知っていると思います。
でも世界の何処かで今現在も戦争・紛争など悲しい出来事が起きています。

だからこそ、今年の8月6日(土)に開催の「2011全国真宗青年の集い 親鸞聖人750回大遠忌法要記念大会」は『安穏 For your smile,Peace & Harmony』というテーマでさせていただきます。
日々の生活の中でついつい忘れがちな感謝の気持ち、多くの命に生かされていること
そして、阿弥陀如来に願われている私であるということ を感じ取っていただければと思います。

是非多くの友達をお誘いのうえ、ご参加いただきたいと思います。
皆様と8月6日(土)にお会い出来ることをこころより楽しみにしています。

 

一覧へ戻る

SITEMAP

Copyright © Hongwanji All Rights Reserved.
浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局 浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局
このページの先頭へ