活動

HOME活動

2017(平成29)年度 仏教青年連盟活動方針・事業計画

1.スローガン

自分を見つめ、できることから始めよう!
"Reflecting on yourself, start doing what you can!"

2.活動方針

さまざまな悩みを持つ青年が、仏教青年会活動を通して親鸞聖人のみ教えを学び、それぞれが輝いていけるよう仲間づくりを行う。

3.重点目標

(1) 「子ども・若者ご縁づくり」に積極的に取り組む。
(2) 各教化団体との交流・連携を積極的に行い、関係を深める。
(3) ブロック行事の充実・発展を図る。
(4) 現代社会における諸問題に向き合う。

4.事業計画

活動方針に基づき、重点目標達成のために下記の事業計画を推進する。

I. 連盟所掌事項

(1)「子ども・若者ご縁づくり」の理念をうけ、ご縁を「つくり」、「つなぎ」、「深める」ことにより会員を増やす。
(2)少年連盟・仏教婦人会総連盟・仏教壮年会連盟・宗門関係学校と連携し、会員を増やす。
(3)ブロック連絡協議会・研修会等に助成する。
(4)機関紙『まこと』・ホームページ等を活用し、仏教青年会活動について広く社会や寺院に発信する。
(5)教材の作成・普及に取り組む。
(6)青年教化指導員の研修を行う。
(7)各教区の行事に助成する。
(8)ダーナ活動や災害復興支援に積極的に取り組むとともに、災害に対する意識啓発を行う。
(9)教区・組・寺院での仏青開設を勧め、支援を行う。
(10)第25代専如門主伝灯奉告法要への参拝を奨励する。
(11)海外研修に伴う準備を行う。

II.各委員会所掌事項

(1)行事研修委員会(各種行事・研修会の企画・実施)
(2)広報教材委員会(機関紙『まこと』の編集と教材・グッズの企画)

III.その他

(1)本山成人式への参加を奨励する。
(2)仏前結婚式を奨励する。

5.連盟における行事【予定】

行事名 開催日 会場
第3回青年教化指導員研修会 2018(平成30)年2月<予定> 本願寺
第66回本山成人式 2018(平成30)年御正忌期間中 本願寺
中央委員会 2018(平成30)年1月又は2月<予定>  伝道本部
  • 他団体の大会、研修会に参加する
  • 次世代の中央委員を発掘する研修会を行う

SITEMAP

Copyright © Hongwanji All Rights Reserved.
浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局 浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局
このページの先頭へ