活動

HOME活動

2014(平成26)年度 仏教青年連盟活動方針・事業計画

1.スローガン

自分を見つめ、できることから始めよう!
"Reflecting on yourself, start doing what you can!"

2.活動方針

青年が聞法する場に集うとともに、現代社会における諸問題に積極的に取り組む同朋(なかま)づくりをする。

3.活動原則

連盟会員は、次の活動原則を守り、仏教青年としてその活動を、積極的に展開するものとする。
1)いつも念珠を身につけます。
2)毎日かならず礼拝をします。
3)つねに生命(いのち)を尊び敬虔(けいけん)なこころで人とまじわります。

浄土真宗本願寺派仏教青年連盟規約 -抜粋(第6条)-

4.重点目標

仏教青年会活動の活性化を図る。

5.事業計画

活動方針に基づき、重点目標達成のために下記の事業計画を強力に推進する。

1.連盟所掌事項

(1)全国真宗青年の集いを開催し、テーマについての学びを深める。
 大会テーマ「大自然~仏青よ未来を描け~」
(2)仏教青年連盟の在り方・方向性を明確にし、組織の再構築に取り組む。
(3)仏青活動推進者研修会(仮称)の開催。
(4)教区・組・寺院での仏青開設を勧め、新規開設単位等への支援を行う。
(5)ブロック連絡協議会・研修会を開催し、ブロック内の交流・連携を深め、活動を促進する。
(6)各教区単位での行事等を奨励する。
(7)ブロック・教区行事へ中央正副委員長・常任委員・連盟指導講師が出向する。
(8)積極的に各教化団体との交流・連携を行い、関係を深める。
(9)キッズサンガ運動への協力。
(10)仏青活動に多くの人が参加しやすいよう、あらゆる可能性をさぐり、新たな環境作りをめざす。
(11)自他ともに心豊かに生きることのできる社会の実現に向けたボランティア活動の体制作りをめざす。

2.各委員会所掌事項

(1) 研修委員会
 1.ブロック研修会、教区の集い・研修会等にかかる情報を収集し、提供していく。
 2.その他必要なこと。
(2)教材委員会
 1.教材・グッズの企画・研究・作製・紹介をする。
 2.各種集い・研修会等のデータベース作成及び管理を行う。
 3.その他必要なこと。
(3)広報委員会
 1.機関紙『まこと』を企画・発行する。
 2.公式ホームページを運営する。
 3.その他必要なこと。

3.その他

(1)本山成人式への参加を奨励する。
(2)仏前結婚式を奨励する。
(3)仏青ダーナ活動を推進する。

6.行事予定

行事名 開催日 会場
2014 全国真宗青年の集い 北海道大会 2014(平成26)年7月26日(土)・27日(日) 北海道教区
中央委員会 2014(平成26)年11月又は12月<予定> 伝道本部
仏青活動推進者研修会(仮称) 2015(平成27)年2月頃<予定> 伝道本部
第63回本山成人式 2015(平成27)年1月<予定> 本願寺

SITEMAP

Copyright © Hongwanji All Rights Reserved.
浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局 浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局
このページの先頭へ