活動

HOME活動全国大会

全国大会

報 告:2011 全国真宗青年の集い親鸞聖人750回大遠忌法要記念大会

期 日:
2011(平成23)年8月6日(土)
テーマ:
安穏~For Your Smile,Peace & Harmony~
会 場:
本願寺御影堂、北境内地

8月6日(土)、京都、西本願寺におきまして、親鸞聖人750回大遠忌法要を記念し今大会は開催されました。
500名以上もの多くの皆さまにご参加を頂き、開会式会場の御影堂では早くからたくさんの笑顔と「久しぶり、元気だった?」の声が飛び交っていました。
開会式直前には、御影堂内のモニターに各教区の活動風景が映し出され、皆さんは、思い出話に花を咲かせていただけたのではないでしょうか。

開会式

集いは、御影堂において厳かな開会式からスタート。仏教青年連盟の総裁である新門様ご臨席のもと勤行を行い、挨拶を頂き、大会の趣旨・日程について説明が行われました。8月という暑い時期でしたが、心地よい緊張感により、暑さをさほど感じさせない堂内でした。

講演

そして、的場亮先生による講演。テーマは「夢をかなえるための日々感謝」。何気ない日常生活の中にある“思いやりや優しさ”について学んだわけですが、私も含め多くの皆さんが涙を流していました。大会テーマ“For Your Smile、Peace&Harmony”という基本線を示すのに、たいへん相応しい内容で、感動と記憶に残る学びであったと思います。

グループワーク

北境内地へ会場を移し、グループワーク。講演で受けた大切な人への想いを、手紙というカタチで表し、各自が作成した腕輪念珠とともに直径約10センチ程の透明カプセルの中に入れ、参加者全員のカプセルをひとつに繋げる作業を行いました。

夜の集い

約1000名の宗門関係学校の皆さんをお迎えし、交流会である「夜の集い」を開催。グループワークで作成したカプセルのモニュメントをLEDケーブルにより点灯させ、特設ステージは見事な発色のブルーステージへと変わり、瞬く間に幻想的なムードとなりました。
 屋外ステージではタップダンサーのHIDEBOHさんによるパフォーマンスと、BMX、ダンスパフォーマンスのアトラクション、クイズ大会。
 屋内会場では、沖野修也KYOTO JAZZ MASSIVEさんによる心地よいミドルテンポなDJによる音楽が流れるなか、各教区出展のYBAブースも行列ができ、おおいに盛り上がっていただけたことは言うまでもありません。
 そして次回開催地の四州教区へ大会旗伝達、夜の集い第2部では青年の集い参加者による懇親会が行われ、今大会は無事終了となりました。

法要

翌7日、50年に1度のご縁である親鸞聖人750回大遠忌法要には、集いの参加者・宗門関係学校の皆さんとともに参拝することができました。私たち青年が3500席の堂内を埋め尽くし、全員で音楽法要の宗祖讃仰作法をお勤めする様子は壮観でした。また、昨日まで交流していた仲間が法要に出勤している姿をみたときは感動しました。
「集い」、「大遠忌法要」というタイトなスケジュールだった2日間、ご参加の皆さんは交流を深めるなかで、住まい、仕事、学校、知り合いなどの話題を通してお互いの繋がりを確認することを積極的にされていたと思います。
 多くの方から、“やっぱり繋がっているんだね”という言葉が聞こえてきていました。
“世間は狭いね”ではなく、“やっぱり繋がっているんだね”という言葉。この繋がりが広まり、やがて世界は平和になってほしいという想いがさらに大きくなったのは、私だけではないと思います。
 来年は皆さんがここからさらに繋がりを広げ、ともに四州大会へご参加頂ければと心から念じます。

「2011 全国真宗青年の集い 親鸞聖人750回大遠忌法要記念大会」
実行委員長  渡辺敬史

一覧へ戻る

SITEMAP

Copyright © Hongwanji All Rights Reserved.
浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局 浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局
このページの先頭へ