活動

HOME活動メディア掲載記事

メディア掲載記事

Thank you 前門さま
ハワイ仏青連盟が前門さまへの感謝を言葉に

本願寺新報 2014年10月1日号より転載

Thank you 前門さま ハワイ仏青連盟が前門さまへの感謝を言葉に

 「私たちハワイ仏教青年連盟は、大谷光真前門さまに感謝を伝える決議を作りたい」

 ハワイ開教区のハワイ仏教青年連盟(写真)は、前門さまに感謝の思いを伝えたいと昨年6月から「謝意を表する決議」文を作成。今年2月の議制会(同開教区の最高議決機関)に提案、「大谷光真前門さまへ謝意を表する決議」が開教区の正式決議文として可決された。同開教区の松本エリック開教総長が、8月31日にイギリスで行われた世界浄土真宗連絡協議会の席上で、前門さまに手渡した。

 同連盟が作成した決議文には、ハワイへのご巡教、青少年国際研修団などで本山参拝した際のおもてなし、ご著書の英訳による英語伝道へのご貢献などへの感謝が並ぶ。同連盟はホノルル、オアフ、カワイ、マウイ、ハワイに支部が分かれ、会員数は75人。各地域で清掃活動やイベントの手伝いなどを通して地域貢献している。2007年には国連が定めたピースデーをハワイ州でも採択しようと同連盟が議制会に提案。その動きは州議会にまで広がり、9月21日をハワイ州のピースデーとする法案が可決されるなど、平和への取り組みも行っている。

 また、同開教区は、北米、カナダ、南米の全開教区で感謝状を贈ろうと各開教区に呼びかけた。4開教区連名での感謝状は同連絡協議会で、松本ハワイ開教総長が代表して前門さまに手渡した。

一覧へ戻る

SITEMAP

Copyright © Hongwanji All Rights Reserved.
浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局 浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局
このページの先頭へ