活動

HOME活動メディア掲載記事

メディア掲載記事

鎮西別院で寺コン♡
~若者66人「あっという間の6時間半」~

本願寺新報 2016年7月20日号より転載

鎮西別院で寺コン

北豊教区仏教青年連盟は6月25日、北九州市門司区の鎮西別院で「寺コン」を開いた。

寺コンとは、お寺で行う〝恋活〟。厳かなお寺の空間で、ゆっくりとすてきなご縁を結んでもらおうと若者に呼びかけ、23歳から35歳の男女33人ずつ66人が参加した。

本堂で重誓偈をおつとめし、広間に移って男女1対1の自己紹介を行った。持ち時間は一人3分。チーンという鐘の合図で交代していき、33人全員に自己アピールを行った。

その後は、軽食や酒を交えながらグループに別れての簡単なゲームやフリータイムでご縁を深め(写真)、最後に印象がよかった人への投票を行った。

結果発表は大盛り上がりで、見事7組のカップルが成立した。
吉井隆浩さん(30)は「楽しくて、あっという間の6時間半でした。またお寺でイベントがあれば参加したい」と感想を語った。

寺コンは、日頃お寺にご縁のない若者に興味を持ってもらうきっかけになればと初めて企画した。ノウハウがないため、開催経験がある山口教区仏青に協力を得て、おつとめがスムーズに進むよう腕輪念珠を記念品として贈るなど工夫を凝らした。また、成立したカップルには8月に開くバーベキューイベントへの無料招待券をプレゼント、今後につなげた。

同連盟の井上唯明委員長(29)は、「現状の仏青は若手僧侶が中心だが、本来は門信徒や一般の方がお寺とのご縁を深める活動であるべき。門信徒と一般の参加者が56人と予想以上のでき。今後も工夫を凝らし、次回へとつなげたい」と語った。

一覧へ戻る

SITEMAP

Copyright © Hongwanji All Rights Reserved.
浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局 浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局
このページの先頭へ