活動

HOME活動中央研修会

中央研修会

第51回中央研修会

期 日:
2004(平成16)年6月26日―27日
会 場:
本願寺聞法会館・大森リゾートキャンプ場
テーマ:
仏青をより良く楽しむには!
講 師:
鈴木寿昭仏教青年連盟指導講師

 第51回中央研修会は『仏青をより良く楽しむには!』というテーマで行いました。主な趣旨は、中央や教区でリーダーとして活躍していただくにあたって、「仏青活動とは」ということの再確認と、運営方法について具体的に学んでもらうことです。今回の研修会ではキャンプ場に行き、班ごとに限られた材料をもとに料理を行いました。一つのものを作り上げていく過程で各自の責任と役割を考え、また現場の動きから体験を通して行事を運営する際の具体的な方法・注意点について学びを深めました。
 まず1日目は、コミュニケーションワークから。コミュニケーションワークとは、初めての出会いの中でひとりひとりを大切にし、ゲームを通して参加者の『こころ』と『からだ』をほぐし、参加者同士の関係を深めるためのものです。次にキャンプ場へ移動するバスの車中にて、「研修Ⅰ:料理を作るにあたって」を行いました。これは講師の鈴木寿昭先生にキャンプ場で料理を作る際の心構えを、研修テーマを踏まえてお話をしていただきました。それから、キャンプ場に着き、この研修会のメインである「研修Ⅱ:食材選びとメニュー作り&食事準備」を始めました。班ごとに分かれて食材をクジで揃え、限られた材料と道具の中で、班員全員で力を合わせてじっくり考え、じっくり調理してもらいました。そして出来上がった各班の料理を指導講師の先生方に判定していただきました。どの班の料理も工夫されていて本当に美味しかったです。その晩、鈴木先生に一日目を振りかえってのまとめのお話をいただきました。それを受けて、各班で自分達が実際に運営してみたい行事を考える、「行事を行うにあたって」というものを作成しました。
 そして2日目は、「おあさじ:『さんだんのうた』の音楽礼拝」からのスタートです。朝食をとり宿舎を清掃した後、「研修Ⅲ:仏青活動について・研修会を運営するには」と題して、鈴木先生に1日目の研修等からお話をいただきました。「下見は絶対必要、スタッフの動き・準備物など細かいところまできちんと詰めること、行事の楽しさはリーダーの苦労に比例する」などが挙げられました。その後、帰りのバスの車中にて、班ごとに1日目の晩に作成した「行事を行うにあたって」を発表し、鈴木先生に総括をしていただきました。
 以上の日程で第51回中央研修会を行いました。初めて会う人達と、同じ目標のもと協力して、1つのものを作り上げていく。そして、出来上がった時の感動を分かち合っていただくという事。ここに人と人との関わり、つまり出遇いがあるわけです。研修会で得られた、一つ一つの出遇いを大切にしていただけたらと思っています。

以 上

研修委員長 岡橋 大誠

日程

6月26日(土)
14:00 開会式
15:00 コミニュケーションワーク
15:30 研修会場へ出発
(車中にて)
オリエンテーション
「研修Ⅰ:
料理を作るにあたって」
17:15 研修会場に到着
17:25 研修Ⅱ:
食材選びとメニュー作り

18:00 食事準備
  食事
20:00 後片付け・入浴
22:00 一日のまとめ
22:15 就寝勤行
6月4日(日)
7:00 起床・洗面
7:30 朝のおつとめ
8:00 朝食(後片付け)
9:00 研修Ⅲ:
仏青活動について・
研修会を運営するには
10:00 出発準備
10:30 本願寺へ出発
(車中にて)
総括・各班発表
11:45 閉会式
12:15 解散

一覧へ戻る

SITEMAP

Copyright © Hongwanji All Rights Reserved.
浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局 浄土真宗本願寺派寺院活動支援部(組織教化担当) 仏教青年連盟事務局
このページの先頭へ